トップページ > 畳表・畳資材全般 > トップガード > ノンスモーク・防ダニ・カテキン加工

ノンスモーク・防ダニ・カテキン加工


ノンスモーク・防ダニ・カテキン加工

ノンスモーク加工

ノンスモーク加工

タバコ、体臭、し尿臭などイヤな臭いを消します。

日の生活の中で、知らず知らずに畳にしみつく悪臭。体臭・し尿臭・タバコ臭・腐敗臭などさまざまですが、特に他種類のガスが交じるタバコ臭には人体に悪影響を及ぼすアセドアルデヒドという有害ガスが含まれています。
「トップガード」を採用する畳表は、その危険な有害ガスを清浄化するノンスモーク加工を施しています。タバコの悪臭成分を吸収・分解し、畳にイヤな臭いがしみつくのを防ぎ、さらに室内の空気の清浄化を促します。汗臭・し尿臭の原因であるアンモニア臭にも効果を発揮します。

何度畳を拭いても消臭効果はうすれません。

「トップガード」のノンスモーク加工は、持続性が高く、人による摩擦や拭き掃除によって、消臭効果が薄れることがほとんどありません。悪臭のしみつきを驚くほど長期間抑えられます。

シックハウスの一因である
ホルムアルデヒドの
吸着分解効果があります。

■タバコの煙の消臭試験

図版:タバコの煙の消臭試験

図版:タバコの煙に含まれる臭気成分

図版:消臭性能耐久試験結果

防ダニ加工

防ダニ加工

気管支喘息、アレルギーの原因となるダニをよせつけません。

ダニは、カビを餌にしつこく増える害虫です。現在の湿気やすい住宅構造は、ダニの繁殖に好都合だといえ、ダニを原因とする気管支喘息などのアレルギー性疾患や、刺咬症などが問題視されています。
「トップガード」を採用する畳表には、防カビ加工とともに、ダニを寄せ付けない防ダニ加工を施しています。特に室内塵性ダニ類のうち「コヒョウヒダニ」「ヤケヒョウヒダニ」に優れた効果を発揮します。しかも、忌避作用※による防虫ですので、人体への安全性は高いものとなっています。

忌避(きひ)とは・・・害虫が薬剤の臭い、感触、味、雰囲気などに対して不の走行性を示し、そこから逃げる性質を利用したもので、嗅覚に対する嗅覚忌避剤(蒸散性忌避剤)、味覚・触覚に対する接触性忌避剤などがあります。一般的に殺虫剤に比べて毒性が低く、死骸が残らない利点があるほか、「忌避作用」という表現は薬事法の規定に規制されません。

気管支喘息、アレルギーの原因となるダニをよせつけません。

ダニの忌避試験開始8時間後の様子

図版:ダニの忌避試験開始8時間後の様子

〔試験方法〕
直径90cmのシャーレにダニ3,000匹を入れたダニ培地を均一に撒き、これに試験試料を置く。試験試料の中央には、誘引用の餌を置き、28℃、75RHで24時間放置する。濾紙上のダニの数を数え、忌避率を算出。

カテキン加工

カテキン加工

抗菌、抗酸化、色おち防止、消臭に効果があるカテキン。

カテキン(茶ポリフェノール)は、緑茶に含まれる天然成分です。現在科学的な研究によって、抗菌、抗酸化、天然色素褐色防止、消臭、抗ウィルスなどの多様な効能があることがわかってきました。
「トップガード」を採用する畳表には、そのカテキンの働きを生かすカテキン加工を行っています。カテキン加工は、消臭加工や抗菌加工などの相乗効果をもたらすだけでなく、色落ち防止にも働き、畳の耐久性を高め、畳表の美しさを保ちます。もちろん、緑茶から抽出した天然のカテキンを使用していますので、人体には安全です。

■古来より日本の日常生活で生かされてきたカテキン効果

約800年前に中国から薬草として緑茶が持ち込まれ、いつしか嗜好飲料として定着した日本では、知らず知らずにカテキン効果に通じる生活の知恵がさまざまに伝えられてきました。お茶を常用することで風邪が引きにくくなることや、茶ガラを撒いて部屋を掃除するとイヤな臭いが消えるなどといったことなど。
現在では科学的分析によってカテキンの実益性が証明されつつあります。

写真

カテキン加工の
原料となるお茶の葉

写真

カテキン加工に使われる
ポリフェノールの粉末