SG加工(撥水)


SG加工(撥水)

SG加工(撥水)

SG加工(撥水)

水・油汚れのシミつきを防ぎます。

これまでの畳は、汚れ落としに手間のかかる床材でした。特に水や油、泥などの液体汚れの場合、丹念なふき取りや乾かしが必要になり、シミが残ればカビなどの微生物の繁殖を手助けすることにもなっていました。
しかし「トップガード」を採用する畳表は、フッ素の膜で畳を覆うSG加工を施しており、高い撥水性・撥油性を備えています。液体汚れの内部への浸透をくい止め、シミができるのを防ぎます。
また、チリ・ホコリなどの進入も防ぎますので、掃除機を使った簡単なお掃除だけで、畳の清潔さを長く保つことができます。もちろん、天然い草が持つ吸湿性・放湿性に影響はありません。

写真

SG加工あり

写真

SG加工なし

SG加工はお手入れもカンタン

  • 液体汚れは、ふき取りが肝心。ゴシゴシとこすらないのがコツです。なじませるようにふき取ります。
  • 油がこぼれたら、すぐに乾いた布で拭き取ります。その後は、ベンジンを含ませた布でたたくと良いでしょう。
  • インク汚れは、即座に塩を盛り吸い込ませます。塩を取り除いたら牛乳を数滴垂らし、乾いた布でたたきます。
  • 泥汚れの場合は、乾くまで待つ事が大切。乾いたら掃除機で吸い取ります。
  • 洗剤拭きが必要な場合は、必ず水で薄めたものを布に含ませて使いましょう。固く絞ることもポイントです。